FC2ブログ

映画、憲法の制定過程描く「日本の青空」

憲法の制定過程描く「日本の青空」(朝日マイタウン岩手)
2007年11月15日

日本国憲法が誕生して60年目。その制定過程を描いた映画「日本の青空」の上映運動が県内各地で進められている。8月から4市町村で上映され、今後、5市で予定されている。改正の手続きを定めた国民投票法が5月に成立して憲法論議が高まっており、関係者は「押しつけられた憲法ではなかったという事実を知ってほしい」と鑑賞を呼びかけている。
20071115152455.jpg
映画「日本の青空」の一場面。鈴木安蔵役を高橋和也(左)が演じている(製作委員会提供)



映画は、憲法学者の鈴木安蔵(1904~83)の活動を通して憲法制定の動きを追っている。鈴木は各国の憲法や明治時代の自由民権運動を背景に生まれた憲法案に詳しく、終戦後間もなく、民間の「憲法研究会」で独自の「憲法草案要綱」を作成した。

要綱は連合国軍総司令部(GHQ)に提出された。国民主権や法の下での平等、男女平等などが盛り込まれ、現憲法制定に大きな影響を与えたとされている。

例えば、要綱では、憲法前文の国民主権に当たる部分では「日本国ノ統治権ハ日本国民ヨリ発ス」とし、24条の男女平等をうたった部分では「男女ハ公的並私的ニ完全ニ平等ノ権利ヲ享有ス」と記された。

また、25条の国民の生存権をうたった部分では「国民ハ健康ニシテ文化的水準ノ生活ヲ営ム権利ヲ有ス」と盛り込まれた。

映画は今年3月に完成し、全国各地で自主上映されている。県内でも作家の高橋克彦さんや前知事の増田寛也総務相ら37人が各界に広く呼びかけ、「憲法誕生の真実・映画『日本の青空』上映推進いわての会」が結成された。「いわての会」は多くの人たちに鑑賞してもらおうと、製作委員会からフィルムを買い取った。

8月の陸前高田市を皮切りに、これまで盛岡市、平泉町、滝沢村の6カ所を会場に計15回上映され、約3千人が鑑賞した。今月17、18の両日には花巻市で上映されるほか、その後も八幡平市、一関市、宮古市、二戸市で予定されている。

「いわての会」事務局の金子成子さんは「憲法改正に反対する人も、賛成する人も当時の隠れた事実を知ってほしい」と話している。

大澤豊監督、高橋和也、藤谷美紀、加藤剛らが出演。2時間3分。

花巻での上映会は17日午後2時から市文化会館で。18日は午前10時、午後2時、午後6時からの3回、市総合福祉センターで。大人前売り千円(当日1200円)、中高校生500円(同700円)。連絡先は「映画をみる花巻の会」(0198・23・5439)へ。


ーーーーーーーーーーーーブログランキング参加中です。ーーーーーーーーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示