FC2ブログ

怪談・・・銀杏坂屋敷。双子の女の子・・・。

ここ岩手県も梅雨に入り、ジメジメ・虫ムシした日が続きます。
押入れに湿気取りを入れて居りましたら、黒い皮かビニール製のストックブックが15冊程、出て来ました。
すると中を見ると!な、な、なんと切手が出たーーーーーー!(オイオイエアジャム・フライデーのネタじゃん)
すんません。
押入れの下に「スノコ」(知ってます?板で作ったヤツ)が有りますが、これを見ると封印していた・・・
あの恐怖の記憶が蘇えってきます。

そう・・・あれは、自分がまだ石材職人の頃ですから、30年位前の話なんですが、
昔は遠距離の現場の仕事ですと、泊まって仕事をしたものです。ありがたいのは、個人の家の仕事で、
お宅に泊まり、朝・昼・晩と食事を頂き、しかもその間に10時と3時のお茶の時間が有り、若い自分にとって、大変大好きな現場でありました。
ただ、仕事はキビシクて朝は朝食前の3時間、夜は日没まで働きました。

そのお宅には、ご主人夫婦と、可愛い、そうだなー俺より少し上かなー?20~25歳位のさんが居りました。
自分は次男なので「お前よームコに残れば・・・」なんて、ひずらいだ(ひやかされた)もんでした。

まんざらでもない気分でした!アハ・・・。

石垣積みの仕事で、お宅の裏の土留め工時でした。1日も終わり楽しみの夕食であります。
「ほーら若い者、酒を飲むのも修行のうちだ!飲め」などとおだてられ、飲んだなー・・・。

昔は席順が決まって居りまして、横座(上座)には旦那様と棟梁(オヤジ)が座りグルッと、職人さん、兄、対面が下座になり、さんと一緒に座らせられ、
余計にアルコールが回りました。エヘ・・・。

食事が終わり、風呂の時間であります。
そう、偉い順番で入ります。
いわゆる、五右衛門風呂です。底に、ハイハイ!「スノコ」を敷いて入ります。

想像として、ヤカンか、なべに入ってる感じかなー?ゲタを履いて入る時もあるとか・・・?

ともあれ自分の番に成り、外に有ります、隣に便所も有ります。
電気など有りません。ローソクです。
用を足して、いざ入ろうと風呂場の前に行くと、「パシャァ~ン、パシャァ~ン」と誰かが入ってる!?

無理に咳を「ウゥ~ハクション」
若い女性の声で「すみませ~ん!」
あわてて、茶の間へ・・・。

するとそこには、さんがテーブルを布巾で拭きながら、「あら?どうしましたの・・・?」

一機に酔いが醒めた!「い、い、今、さん風呂に入ってましたよねねねねね!?」

「あら、誰も入ってませんことよ・・・?」
「い、い、一緒に行ってくれませんか?」

おそるおそる外へ、「鈴の音だ・・・?」「タマねー」
目の前を、目だけが光る物が!「黒い猫なんですよー」

風呂には誰も居なかった・・・。
遠くの方から鈴の音が聞こえた。

そんな事を忘れ何日が経っただろう。また同じ事が起きた。
意を決して(チョッと下心もあった(殴

扉を開けた!するとそこには、黒猫がロウソクの油を(ナメテないないない)飛び出して、
キタ─wwヘ√レvv!)(゚∀゚)─wwヘ√レvv!)─ !!!

たまげた!なんだ猫のいたずらかー。ホッとしたような、(´・ω・`)ガッカリ…したような(殴

また、何日が経った。「また入ってるー!?」
「え~い、覗いちゃえー!!!」薄明かり漏れている隙間から、そーっと覗いて見た、「ちゃんだー!」

若い自分は思わず、イチモツの下を見た「ニャ~ン」「こら黒!静かにしろ」・・・。

隙間を覗き直す、「あれ、誰も居ない・・・?」

がっかりした気分で、茶の間へタオルを取りに行った。
そこには、さんが居る「あ、あれ~!風呂に入ってましたよね・・・?」
「私はまだ入ってませんよー笑顔・・・」

次の朝食時、昨夜の出来事を話した。

いっとぎ、食卓が静まりかえった。旦那様がしゃべり始めた。

「そうーですかー見ちゃいましたかー・・・。」
「えぇ~どう言う事ですか?」

「実は、この仔は双子だったんですよ。幼い頃、風呂場で二人で遊んでいるうちに、おぼれてんだんですよ」
「黒が畑に来て、一生懸命鳴くんで、行ってみたら・・・」

「あー!6月27日、今日かー」

ーーーーーブログランキング参加中です。ご協力お願い申し上げますーーーーー
携帯の方は人気blogランキングへ
ーーPCの方は参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示