FC2ブログ

2010年08月03日の記事 (1/1)

O型は本当に 蚊に刺されやすいのか。

c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ20060922124908.gif
応援お願いします。

ハァハァハァーーー・・・

1)暑くて息使いが荒い
2)笑ってる
3)クシャミが出る

さて正解は何番でしょう?

暑さでPCがヤバイです。
Cドライブの残領域が12%
クリーンアップして
デスクデフラグをしてもダメ。
ダメって言うか、ガーガーガーとなってフリーズです。

PCの動作が遅くて、
まだリンクさん全員回ってないです。
夕飯後に伺います。

「カメラのある生活」さんから
「メルベーユ森通信」さんまで10人
自宅に行ってから参上します。

余計なプログラムを出せばいいんだそうですが、
どれがどれやら判りませぬ。
誰か教えてください。


田舎は、からアブから虫がいっぱい居ます。
しかも私は、血液型O型ですよ。

からだも大型です(殴)
結構刺されますねー

奥様に、ハシで刺された事もあります!

負けじと刺してやりました(何を!?)
シモネタかい(Σ(゚д゚;)


O型が多く刺されるデータはあれど…
web R258月 3日(火) 10時 5分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

蚊

海に花火にと、アウトドアレジャーに繰り出す機会も多いであろうこの季節。それは「」との闘いでもある。とくに自然の中へ繰り出す際には、虫除けスプレーは不可欠だ。

ところで、「血液型がO型の人はに刺されやすい」とたまに耳にすることがあるが、これって本当なのだろうか? 医療ジャーナリストにして医学博士の森田豊先生に聞いてみた。

「そのような研究論文があるのは事実なんです。たとえば1972年に欧米で実施された調査で、ガンビアハマダラカの腸内の血液を調べたところ、その内訳は『O>B>AB>A』で、O型の血液が最も多く検出されたといいます。日本でもヒトスジシマカ(日本で最も一般的な)で調査されたことがありますが、この時も同じく『O>B>AB>A』という結果が出ています」

つまり、この都市伝説は本当だった!? …と、決め付けてしまうのは早計であると、森田先生は解説を続ける。

「実際にが人を刺す前に血液型を察知し、狙いを定めるというのは困難ではないでしょうか。蚊の腸内検査では前述のような結果が出ているものの、単純な"刺されやすさ"の調査では、必ずしもO型が一番という結果は出ていないのです」

確かに、空を飛ぶ蚊がどうやって血液型を認識するのかも疑問だ。そもそも、なぜこのような説が広まったのだろう?

「10年くらい前にあるテレビ番組が、蚊が好んで吸う血液型について調査したことがありました。この番組が『O型の血液の細胞表面にある糖鎖という化合物が、花の蜜と似た分子構造をもっているため、蚊が好んで吸いに来る』という説を紹介したことも、無関係ではないのかもしれませんね。でも実際には糖鎖は不揮発性であるため、飛行中の蚊がそれを認識するのは不可能だろうと言われています」

結論としては、O型が蚊に刺されやすいことを示す科学的根拠は、これまで確認されていないとのこと。現時点では「事実にあらず」と裁定せざるを得ないが、もしかするとこれからの研究で、蚊がO型を好む根拠が証明されることもあるかも!?

下記リンクのヤフーニュースです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100803-00000004-rnijugo-ent

ーーーーーーブログランキングに参加中です。ーーーーーー

毎日ぽちっと応援よろしくお願いします。
      c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ20060922124908.gif

リンクさんのブログは必ず参上しています。
私のブログの応援もよろしくお願いします。
スポンサーサイト