FC2ブログ

2008年07月10日の記事 (1/1)

油の高騰が航空業界にも飛び火!日航が福島空港撤退 国内線廃止、支店閉鎖へ。

油の高騰が、空の足まで影響が出始まりましたね。

自動車・運輸関係と思いがちだが、よく考えれば飛行機だって油を使う訳ですから、

採算が合わなければ廃線・撤退は避けられない現実でしょうね。

特に、地方空港は採算がギリギリでしょうから、

今回発表の事は他人事では済まない現実でしょう。

岩手にも花巻空港がありますが、果たして大丈夫でしょうか。


日航福島空港撤退 国内線廃止、支店閉鎖へ
7月10日6時12分配信 河北新報

日本航空福島空港(須賀川市、玉川村)発着の大阪(伊丹、関西空港)、沖縄両路線を来年1月いっぱいで廃止する方針を福島県に伝えたことが9日、明らかになった。燃料費の高騰に伴う収支悪化が理由。空港事務所や福島支店(郡山市)も閉鎖する意向で、1993年の開港時から乗り入れてきた福島空港の国内路線からの全面撤退となる。日航撤退すれば、国内路線は全日本空輸などが運航する大阪(伊丹)、札幌線だけになる。

日航は航空燃料高騰を理由に廃止・減便を幅広く検討しており、東北のほかの空港にも影響が広がる可能性がある。

日航の2路線は2007年度、約20万3500人が利用し、国内路線利用者の約半数を占めた。県は観光誘客や企業誘致などへの影響が甚大だとして、佐藤雄平知事が11日に日航本社を訪問するなどして存続を要請する方針だが、難航は必至。日航は7月中にも国土交通省に路線廃止を届け出る構えだ。

日航は「福島空港の路線は利用客数が減少傾向にあり、燃料費が高騰する中では収支改善が見込めない。機体の軽量化などでコスト節減に努めてきたが厳しい状況だ」と説明している。

日航の福島―大阪(伊丹)線は開港と同時に就航。05年からは関西空港線も加わり、それぞれ1日1往復している。沖縄線は94年に就航し、現在は日航系のトランスオーシャン航空(沖縄県)が1往復運航している。日航グループは、福島と札幌、広島、帯広を結ぶ路線も運航していたが、すでに廃止した。

佐藤知事は「ただ驚いている。福島県にとって大事な路線であり、関係機関と連携を取りながら再考を求めていきたい」と話している。

下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000005-khk-l07

ーーーーーー4社のブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日4ツクリックして応援よろしくお願いします。
★携帯・PC兼用です★クリックして順位を覗いてください。
FC2 Blog Ranking東北
人気blogランキング・ペット部門
くつろぐ全国地域ランキング
ブログ村 東北ランキング

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。


スポンサーサイト