FC2ブログ

ユーザータグ : 食品偽装の記事 (1/1)

ゾロゾロ出る出るゴキブリ悪徳業者<食品偽装>「どっこいしょ」で“国産”に早変わり 元社員ら手口証言

開いた口がふさがらない。

経営者としての資質を疑う。

勇気ある従業員の方の内部告発が、食品偽装を止めることになります。

儲けたい経営者、言いなりにならないでどうぞ悪を正してください。

いっしょに「どっこいしょ」なんて言わないで下さい。

食品偽装>「どっこいしょ」で“国産”に早変わり 元社員ら手口証言
6月24日15時41分配信 毎日新聞

規格外の牛肉をブランド牛「飛騨牛」として販売した岐阜県の業者が行政の立ち入り調査を受けるなど、とどまることを知らない食品偽装の連鎖。中国産野菜や台湾産ウナギを国産と偽装し、長崎、鹿児島両県警がそれぞれ摘発した事件では、元社員らが毎日新聞の取材などに不正の手口を明かした。偽装のため段ボール箱を移し替える作業は「どっこいしょ」と隠語で呼び、仕入れ値の5倍で販売。「とにかく、もうけたかった」。そこには利益を優先させる企業論理が浮かぶ。【山崎太郎、大塚仁】

中国産野菜を国産と偽装、販売したとされる長崎県島原市の食品製造会社「ニチエイ食品工業」(破産手続き中)。同社前社長の父で実質的な経営者、児島幸助(56)ら3容疑者が不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕された。元社員や関係者らは毎日新聞の取材に対し「偽装は03年の会社設立当初から」と証言。偽装工作には他の社員も加わっていたという。

元社員によると、中国産の野菜は児島容疑者ら一部の役員・社員が開封し、パートらが「国内産」と書かれた袋に詰めて出荷。この作業は「リパック」「詰め替え」の隠語で呼ばれた。

中国産里芋を「国産」と書かれた段ボール箱に移し替える「どっこいしょ」と呼ばれる作業もあった。休日に数人の社員が集められ、毎回5トン分を移し替えたという。

「買値が1キロ200円で、売値は1000円。とにかくもうかった」(別の元社員)。作業が終わると、幹部から1万円の入った封筒を配られたという。元社員は「いけないことと思っていたが、引き返せなくなった」と吐露した。

長崎県警幹部は「多かれ少なかれ、業界全体で偽装をしているのでは」と指摘。容疑者の一人が調べに対し「うちだけではない」と言明しているからだ。

台湾産ウナギを国産として販売していた静岡市の食品総合商社「東海澱粉」の偽装事件では、同法違反(産地誤認惹起)容疑で2人が逮捕、起訴された。

その一人、同社大隅営業所(鹿児島県東串良町)の元所長、鈴木禎之被告(43)は九州農政局の調べに「営業成績が下がると所長会議で厳しく指導されると思った」と話した。

発覚防止のため、購入した台湾ウナギについて「卸業者に販売し、同じ業者から国産を購入」という架空伝票を作成した。この手法を考案した前任の所長、片山真被告(46)は、後任の鈴木被告に「利益を上げるためには偽装しかない」と言い含めたという。

九州農政局幹部はウナギ偽装について「消費者の国産志向が高まる一方、国内消費量の8割は輸入モノ。国産供給量不足という構造的な背景があるのではないか」と分析している。

    ◇

長崎県島原市の食品製造会社「ニチエイ食品工業」(破産手続き中)による食品偽装事件で、同県警は24日、同社前社長の父で関連会社「日栄物流」前社長、児島幸助容疑者(56)=南島原市布津町=を不正競争防止法違反(虚偽表示)の容疑で再逮捕した。

調べでは、児島容疑者は国内の輸入業者から仕入れた中国産冷凍きぬさや700キロと同冷凍里芋5480キロを段ボール箱(10キロ)に詰め替え国産と偽り、1月18日~3月24日ごろ、商社を通じて関西や東北など5府県の給食業者に引き渡した疑い。容疑を認めているという。


下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080624-00000014-maiall-soci

ーーーーーー4社のブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日4ツクリックして応援よろしくお願いします。
★携帯・PC兼用です★クリックして順位を覗いてください。
FC2 Blog Ranking東北
人気blogランキング・ペット部門
くつろぐ全国地域ランキング
ブログ村 東北ランキング

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。

headlines.yahoo.co.jp北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、新潟県、長野県、富山県、石川県、愛知県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、広島県、福岡県、長崎県、宮崎県、

スポンサーサイト



<食品偽装>氷山の一角!?27都道府県で発覚 毎日新聞まとめ

いや驚きです。ほんの一部出来事と毎日のニュースを見ていました。

調べると出る出る。何を信じていいのでしょうか。

先日中は中国は危ないと思ってましたが、いやー日本も中々やりますね。

失った信頼を回復するのは、なみたいていの努力ではない。

正直に頑張っている業者の方々が多々である。

人間性を信じるしかない。

食品偽装>27都道府県で発覚 毎日新聞まとめ
11月18日2時31分配信 毎日新聞

産地・原材料の虚偽表示や賞味期限のラベル付け替えなどの食品を巡る偽装が今年、27都道府県で発覚していたことが毎日新聞のまとめで分かった。消費者の信用を裏切る不正が全国に広がっている実態が浮き彫りになった。

毎日新聞が全国の本社・支局などを通じてまとめた。最も多かったのは産地や原料の偽装。高級料亭などを営む「船場吉兆」(大阪市)のように異なる産地のシールを張って商品を販売したケースや、水産加工会社「磯屋」など佐賀県の2社が中国産のひじきやアマダイを高値がつく長崎産と偽った例もある。兵庫県の「いかりスーパーマーケット」は価格の安い乳用牛を使用したコロッケを「和牛使用」と表示していた。

多くは仕入れコスト削減による利益追求が目的とみられるが台湾産ウナギを国産と偽装していた静岡県吉田町の「マルニうなぎ加工」の大石好一社長は「取引先から『国産でなければ買わない』と言われ、やむなくやった。国産信仰というか産地に変なこだわりを持つ人が増えた」と話した。

賞味・消費期限をめぐる不正も多い。宮城県では、マルハグループの「北州食品」が最大8カ月賞味期限を過ぎた冷凍マグロを加工して販売したり、三重県では平治煎餅本店や太閤餅がそれぞれ売れ残ったせんべいや餅の賞味期限や消費期限を付け替えて販売。包装し直したり、ラベルを張り替える手口で動機は「格安だった冷凍マグロを大量購入したから」(北州食品)や「廃棄するのはもったいないと思った」(太閤餅)のほか、在庫不足などがあった。【鈴木泰広、北川仁士】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000010-mai-soci

ーーーーーーーーーーーーブログランキング参加中です。ーーーーーーーーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします