FC2ブログ

ユーザータグ : 石原の記事 (1/1)

プロレス・ジャイアント馬場の八百長試合と相撲の八百長試合の何が違うんだ?

馬場さんのプロレスは楽しく見てましたよ。

んじゃー、なぜ相撲八百長しちゃーいけないの?といわれれば、

国技たる相撲八百長などあってはならないのだろうし、

「財団法人」ってのが一番の理由なんだろうね。

馬場さんはちゃんと税金を納めていただろうが、相撲協会は非課税で「ごっぁん」で済まされてる部分が多い。

下のヤフーユーザー(3)さんのおっしゃる通りなんでしょうねー。

(1)みんな八百長だと思っているよ。
ただ、はっきりとした証拠がないと苦しいよね。
証言だけでは、相撲協会は否定するだけでしょ。


(2)明らかに可笑しいと言った取り組みが何番かある。若貴時代の若乃花,貴乃花の優勝決定戦なんか一番顕著。わざと力なく土俵を割った貴乃花なんかはお兄ちゃんに勝ちを譲った一番.その他にも一杯有る。此れを見ていて相撲は国技っていうけど,やっぱり単なるショーなんだなと思ったのは俺だけじゃない。


(3)国の認可を受けた財団法人が、ショーを国技と偽り八百長はないとうそぶく。税の優遇を背景に高給をはぐくみ、高い見物料などを貯めにためたり内部留保に450億円つみあげる。
もともと非常識人間の集まりに加え閉鎖社会だから、リンチ殺人・暴行・薬物など何でもござれ。
NHKも受信料から高い放映料を垂れ流しこの茶番の一役を買っている。横審会長はNHK元会長の席でもありNHKも天下り先が確保され満足そうである。
国は、早急に「国技」の定義を定め相撲をそれからはずせ。そして財団法人を取り消せ。


(4)板井に痛い目に遭わされた相撲協会
板井さんが元鳴門親方みたいに八百長を告発した直後にいきなり遺体になっちゃった
時の二の舞にならないか心配です。


(5)新銀行東京の血税の使い道を
八百長無しで公表すべき!
学会公明が強い地域は、道楽腐敗行政が大阪化にする。



八百長ないと言い切れるのか!慎太郎知事、相撲協会と因縁再燃
10月4日8時2分配信 スポーツ報知

「相撲協会は『一切、八百長はございません』と言い切れるのか」-。東京都の石原慎太郎知事(76)が3日の定例会見で、大相撲の八百長疑惑裁判について“物言い”をつけた。石原知事は1963年9月、同年秋場所千秋楽の「大鵬VS柏戸」の横綱全勝対決について、新聞紙上で「協会が工作した八百長」と発言。協会から名誉棄損で告訴(その後和解)された“因縁”がある。

朝青龍が東京地裁に証人として出廷したこの日、都庁では真逆の“証言”が展開されていた。「これについては、私は言いたいことがいっぱいあるんだ」大相撲の八百長疑惑裁判についての質問が飛ぶと、石原知事はニヤリと笑い、ここぞとばかりに持論をぶちまけ始めた。

知事は「八百長がないとはなかなか言い切れないんじゃない。そりゃ現役の横綱が(法廷に)出ていって『八百長はあります』とは言わないだろう」「協会が『一切、八百長はございません』と言い切れるだけのあれ(根拠)があるのかね」などと指摘。本来、東京都知事は横綱審議会の委員になることが通例だったが「大相撲にうんざりしているから辞退した」とも明かした。

石原知事には、大相撲を「つまらぬ八百長のショー」と言い放った“実績”がある。

63年9月の秋場所千秋楽。休場明けの横綱・柏戸が横綱・大鵬との全勝対決を制し復活Vを遂げた。この一番について知事は、新聞紙上で「相撲協会が直接工作した八百長」と断言。当時、人気の絶頂にあった売れっ子作家の発言だけに反響は大きかった。協会は激怒し石原氏と新聞社の社長、編集局長を名誉棄損で東京地検に告訴。この時は知事が「誤解だった」と謝罪し告訴は取り下げられ一件落着となっていた。

石原知事は当時の大相撲について「砂かぶりに座っていると『押せよ、何してんだ、早く押せよ』って言って、みんなゲラゲラ笑っている時代があった。あれは八百長でしょうね」と振り返り、「それが何となくまかり通って『ごっつあんです』で済んだ時代もあったが、金が絡んでくると変なことになっちゃったね」と感想を述べた。

石原知事にとって、46年越しとなる“八百長論争”。最後は「八百長でいかなる権威が保たれても、(真の)権威じゃない。金で支えられているんだったら」と締めくくった。



下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000080-sph-soci

ーーーーーー4社のブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日4ツクリックして応援よろしくお願いします。
★携帯・PC兼用です
FC2 Blog Ranking東北
人気blogランキング・ペット部門
くつろぐ全国地域ランキング
ブログ村 東北ランキング

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。
スポンサーサイト