FC2ブログ

ユーザータグ : 相撲協会の記事 (1/1)

貴乃花親方37歳で相撲協会理事当選したものの

貴乃花親方37歳で相撲協会理事当選した。

協会の改革に尽力して欲しいものだが、

いかんせんたった1人、どこをどこまで改革できるのか

前途多難ではあるねー。



あー、やっと五臓六腑の調子が戻ってきた感じかな。

昨日の酒が、やっとぬけた感じですねー

今夜もちょっとぐらいは、呑みますかー




貴乃花親方理事当選37歳、角界風穴相撲協会
2月1日14時22分配信 時事通信

貴乃花親方
 任期(2年)満了に伴う日本相撲協会の理事選挙は1日、東京・両国国技館で投開票され、元横綱で37歳の貴乃花親方(本名花田光司)が初当選した。理事選が立候補制になった1968年以来、5番目に若い理事になる。
 今回は定数10に11人が立候補。4期(8年)ぶりの投票となり、貴乃花親方は確実とみられた7票を上回る10票を獲得して当選した。投票は年寄(親方)ら111人の評議員によって行われ、現職の大島親方(元大関旭国)が8票で落選した。

 過去には五つの一門(相撲部屋の系統)が候補者を調整し、無投票で終わることが多かったが、改革派とされる貴乃花親方は二所ノ関一門内の調整に応じず、一門を離脱して立候補。同調した6人の親方も一門を追放されたが、年功序列や利害が優先されがちな相撲協会の役員選びに風穴を開ける形となった。
 記者会見した貴乃花親方は「身の引き締まる思い。(若手親方らの)意見を聞いて理事会でお話しできれば」と語った。

 ほかに武蔵川親方(元横綱三重ノ海)、北の湖親方(元横綱)らが当選。直ちに新理事会で理事長を互選し、武蔵川親方が再選された。 

下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00000076-jij-spo

ーーーーーーブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日ぽちっと応援よろしくお願いします。
◎携帯用です。
FC2 Blog Ranking東北
ブログ村 東北ランキング
くつろぐ全国地域ランキング
人気blogランキング・ペット部門

◎PC用です。押して頂けると鳴いて喜びます。
     c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へa88x31a.gif

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。
スポンサーサイト



もはや相撲協会は解体すべき。内部で過去10年の実態調査をしても何も出まい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000922-san-spo
過去10年の実態調査は勿論すべきでしょう。
しかし、協会内部だけで調査して何が出てくるか、はなはだ疑問です。

第三者機関が入り隠蔽がないよう、くち合わせが無いよう調査をして頂きたいものです。

私は昔から相撲ファンです。

母校の小学校で土俵開きをした時にも、お相撲さんが来てくれてたし、お隣の町には未だに夏になると、
某相撲部屋が遣って来て、町おこしをしてくれます。

ファンを楽しませてくれる、お相撲さんも沢山います。

初代ハワイ出身の、高見山さんをはじめ、皆さん良くしてくれましたよ。

赤ちゃんを抱っこして、気さくに写真を取らせてくれました。

なんか、今の相撲協会、理事は、銭・金の為、力士使い捨て、消耗品としか思ってないんじゃないか。

理事会も、軍隊(すみません)と同じく、力士時代の肩書きで決まってしまう。

北の海理事長は、憎たらしい程強い横綱ですた。だから歳若くも理事長に。

そして、朝青龍。彼が普通に引退し相撲協会残れば、間違いなく理事長に成るのが当たり前。

帰化させず、追放させれば安泰。そんな事思ってるんじゃないのか。

で、協会はすべて力士上がりだけ。大金が裏でうごめいているのではないのか。

税金はちゃんと納めてるんだろうか。

横綱審議会だけでなく、相撲協会、国技相撲そのもの有り方を改革する、いい機会ではないでしょうか。


相撲協会、過去10年の実態調査へ 力士急死問題、文科省で謝罪
9月28日15時4分配信 産経新聞

大相撲・時津風部屋の力士=当時(17)、本名・斉藤俊さん=が稽古(けいこ)後に急死した問題で、日本相撲協会の北の湖理事長は28日、「この10年間どういう状況だったのかをきちっと把握し、報告すべきだと思う」と述べ、過去10年間にさかのぼり、同様の事例がないか調査する考えを示した。

北の湖理事長ら相撲協会幹部が同日午後、文部科学省を訪れ、渡海紀三朗文科相や松浪健四郎副大臣に対し「命の大切さは重々承知している。ご迷惑をかけて申し訳ない。深く反省している」と公に謝罪した。また、「稽古の在り方も考えないといけない」と述べ、稽古の方法を再検討する考えを示した。

北の湖理事長は会談後、「二度とこういうことがないようにしたい。番付によって稽古の厳しさが違うが考えた方がよい。やり過ぎはいけない」と述べた。時津風親方の処遇については「なかなか言えない。状況に応じて」と述べるにとどめた。

ーーーーーブログランキング参加中です。ご協力お願い申し上げますーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします

「心技体」心が腐っているのは相撲協会、国技が泣いている。国民として恥ずかしい。<相撲協会>記者クラブ会友の杉山さんの取材証を”はく奪”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000110-mai-spo
なんと!心の狭い世界なんだろう。
「心技体」などと言ってるが、心の無いのは「相撲協会」ではないだろうか。
いやしくも国技でしょうが。
いわば、日本の古くから有る日本の顔と言ってもいいスポーツでしょうが。

人の意見も聞けず直そうともしない、批判をする者は切り捨てごめんとは、大鵬VS柏戸から見てきた相撲ファンだったが、がっかりするばかりで、もう相撲は見たくないよ。


相撲協会>記者クラブ会友の杉山さんの取材証を”はく奪”
9月11日20時12分配信 毎日新聞

日本相撲協会の北の湖理事長は10日、横綱・朝青龍に関する一連の騒動に関してテレビで解説をした東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん(76)=日本福祉大学客員教授=の発言が協会批判にあたるとして、協会発行の取材証を返還させた。事実上のはく奪で、これに対し、同クラブは11日、抗議文を提出したが、理事長側は返還に応じていない。

北の湖理事長は、抗議文で「(杉山さんの)言動の何が問題なのか、明確にしてほしい」と要請されたのを受けて、同クラブの代表者に対して口頭で回答。(1)8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる(2)テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない――と、返還させた理由を説明した。

同クラブは「批判する相手の取材証を取り上げるのは暴挙」と反発しており、杉山さんの発言などについては12日に事実関係も含めて北の湖理事長と話し合いを持つよう調整した。

杉山さんは53年からNHKのアナウンサーとして大相撲報道にかかわり、その間、東京相撲記者クラブ員。定年後の87年から同会友としての取材を続けてきた。取材証をはく奪されたことについて「肩書はテレビ局が便宜上つけたもの。それにテレビ画面でうなずいたぐらいで取材証を取り上げるのは信じ難いくらい残念」と話している。

また、報道陣から問題の経緯を聞いた日本相撲協会理事の友綱親方(元関脇・魁輝)が「杉山さんは正論を言っている。協会内部の対応が悪い」と話すなど、親方衆の間にも北の湖理事長の措置に首をかしげる声が上がっている。

同協会の取材証は、相撲記者クラブ所属の専門記者に発行される顔写真付きのカードで、所持者は支度部屋での取材が許可されるなど、一般の報道関係者と区別されている。【上鵜瀬浄、飯山太郎】

◇相撲界の将来危惧 
▽スポーツライターの玉木正之さんの話 スポーツ報道は、主催者側の広報的存在に堕してしまう危険性が高い。だからこそ批判の目を持たなければならない。そういう批判を受けて門戸を閉ざしてしまう(相撲協会のような)組織は、必ず衰退していく。相撲界の将来を危惧(きぐ)せざるを得ない。ジャーナリズムは、協会の措置を断固認めてはならない。

◇耳傾ける姿勢を 
▽大石泰彦・青山学院大教授(メディア倫理)の話 協会は公的な存在であり、広く意見に耳を傾ける姿勢を示さなければならず、今回の措置は批判されるべきだろう。ただ、朝青龍問題を取り上げたメディア側も、スポーツを一種の娯楽・慰みものと考え過熱していたのではないか。相撲を含めたスポーツの文化性・公共性を高めるために、報道のあり方を反省・検証する必要もある。

ーーーーーブログランキング参加中です。ご協力お願い申し上げますーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします