FC2ブログ

ユーザータグ : 白地の記事 (1/1)

オリンピック公式ダウンジャケットは岩手県奥州市産。

どうも相変わらず、たばこがすすむ重箱石です。
はやく値上げしてもらって、禁煙をしてみたいです。

あの国母選手は、スーツを有名にしてくれましたが、

スピードスケートの長島圭一郎選手と加藤条治選手は、表彰式の時、我が岩手を有名にしてくれました。

あの裸祭りで有名な黒石寺蘇民祭と同じ、奥州市で作っていたのです。

元々あった「水沢ダウン」という製品を改良して出来たものなのです。

まんずまんず頑張ってけろやー。




バンクーバー日本代表のウエアは奥州市産!
朝日新聞

水沢ダウン

日本代表のウォーマージャケットを着る、開発メンバーの菅原るみさん(右)と千田克和さん=奥州市胆沢区のデサントアパレル水沢工場

 バンクーバー冬季五輪で日本代表の選手たちが開会式や表彰台で着ている白地ダウンジャケットは、奥州市胆沢区のデサントアパレル水沢工場で作られたものだ。日本選手が活躍すればするほど、「水沢ダウン」は、世界の人々の目
にとまることとなる。

  ◇

 日本時間の17日に現地であった、スピードスケート男子500メートルのメダル授与式。それぞれ銀と銅のメダルを受け取った長島圭一郎選手と加藤条治選手(ともに日本電産サンキョー)は、白地に赤いラインが入ったダウンを着ていた。「競技よりも表彰式に目がいった」。デサントアパレル水沢工場の谷木徹・製品開発課長は言う。


 このウエアは、同工場で開発され、地名を冠して2008年10月から発売されている高機能ブランド「水沢ダウン」をベースに改良された。パラリンピックを含めた日本選手団の公式ウエアとして400着、レプリカとして235着だけ生産されたものだ。


 水沢ダウンの特徴は、ダウンジャケットに特有の、表地の縫い目がないこと。熱圧着テープを使って、内部の羽毛を閉じ込めている。縫い目がないから羽毛が飛び出すこともないし、表面に防水素材を用いることで、水分が染み込むこともない。


 五輪仕様では、縫製が必要だった肩線の表面に、赤いテープを張るなどした。防水性をさらに高めるとともに、赤白のコントラストで、デザインでも「日本」を強調した。


 同工場は1970年、旧胆沢町が誘致。デサントの製造部門子会社の、国内に四つある工場の一つだ。トレーニングウエアのほか、競馬の騎手のパンツや、消防服、チェーンソーの防護服といった「変わり種」も生産している。


 岩城均工場長によると、同工場で一貫生産したウエアがオリンピックに「出場」するのは今回が初めてだという。


 今大会では他に、スイス選手団のジャケットも同工場が手がけている。

下記リンクの朝日マイタウン岩手ニュースです。

http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001002180002

ーーーーーーブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日ぽちっと応援よろしくお願いします。
◎携帯用です。
FC2 Blog Ranking東北
ブログ村 東北ランキング
くつろぐ全国地域ランキング
人気blogランキング・ペット部門

◎PC用です。押して頂けると鳴いて喜びます。
     c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へa88x31a.gif

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。
スポンサーサイト