FC2ブログ

ユーザータグ : 法務省の記事 (1/1)

日本全国で所在不明の高齢者が増加。

c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ20060922124908.gif
応援お願いします。

はい、朝から暑いです。

熱帯夜です。ゆっくり、寝ったいやです。
今日は今年一番かなー?つーが9時頃には30度ですから。
お昼には35度でしょうか。
グダグダ過ごしてます。
東北人には、耐えられないです・・・


先ほど、畑作業をしていて「メロン」?を収穫しました。
収穫っていうか、触ったらメロン(ゴロン)と落ちました。
まだ5個ぐらいありますが、とりあえず2個。
メロン?
大きい方が13センチありました。
味は・・・

美味し~~~い!!
冷蔵庫で冷やして今夜のデザートに頂きましょう。
メロン13センチ


所在や生死が判らない高齢者が増えてます。

こういう事ってこれから増えていくんでしょうねー
岩手県は無いのかなー?
都会になるほど、増えるんだろうなー

次は私達でしょうかΣ(゚д゚;)



戸籍は死亡、住民票で「生存」…所在不明高齢者
8月5日14時39分配信 読売新聞

 本籍地では死亡が確認されていたり、すでに戒名が付いたりしていた故人が、住民登録上は「生存」していた――。

 全国で100歳以上の高齢者所在不明が次々に判明している問題で、自治体による確認作業の結果、そんなケースが表面化した。

 約30年前に亡くなったとみられる事実を、自治体が把握しきれていなかった現状に、担当者らは「原因がわからない」「連絡がない以上は把握が難しい」と漏らしている。

 生存していれば99歳の夫と共に所在不明だった100歳の女性が判明した静岡県熱海市。4日に、市が女性の本籍地の北海道函館市に照会し、1981年の死亡が確認された。夫も86年に亡くなっていた。

 総務省法務省によると、死亡者の親族らは戸籍法に基づき、住所地本籍地、亡くなった地域のいずれかの自治体に死亡届を提出。受理した自治体は、住民基本台帳法などに基づいて、それらの関係自治体に通知。通知を受けた自治体が、住民票や戸籍を削除する決まりになっている。

 しかし、今回は本籍地戸籍上は死亡していたのに、住民票では「生存」のまま。熱海市の担当者は「当時は電算化されておらず、何らかのミスがあったのかもしれない。通常では考えられないが、資料が残っておらず、原因が分からない」。

下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000626-yom-soci

ーーーーーーブログランキングに参加中です。ーーーーーー

毎日ぽちっと応援よろしくお願いします。
      c_02.gif
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ20060922124908.gif

リンクさんのブログは必ず参上しています。
私のブログの応援もよろしくお願いします。
スポンサーサイト