FC2ブログ

ユーザータグ : 年間購入費の記事 (1/1)

仙台人はゼリー好き 2年連続で消費1位。確かに今年は暑くないけど、ほだな理由だべが?

今年は確かに暑くないけど、そんな理由でゼリーが売れてんだろうか?

虫歯の人が多いからとか、お茶飲みが多いからとか、

酒飲みは多いよなー。

ゼリーの原料とは何でしたっけ?

まー暑い時は、ズルズルーっとノド越しのいいのが好きですなー。


仙台人はゼリー好き 2年連続で消費1位
7月31日11時24分配信 河北新報

宮城県仙台市ゼリー一世帯当たりの年間購入費が全国の都市の中で最も多いことが、総務省の2007年の家計調査で分かった。「菓子文化が発達している」「夏が暑すぎないのが理由」など、消費量の多さをめぐってさまざまな説がささやかれている。

調査によると、宮城県仙台市の購入費は2817円。2位の北海道札幌市(2617円)、3位の岩手県盛岡市(2493円)を引き離しトップだった。首位は2年連続で、05年と04年も4位と高い位置を保っている。

百貨店の売り上げも好調だ。三越仙台店は中元用のゼリーの詰め合わせ「彩果(さいか)の宝石」(2100―5250円)を7月中旬までに2800個販売した。担当者は「街の規模がほぼ同じ広島などの店舗の売り上げは1000―1200個にとどまっており、仙台の販売数は群を抜いている」と舌を巻く。

ゼリー人気が高い理由の一つとして指摘されているのが「菓子文化」説。仙台は茶道が盛んで、菓子を振る舞う文化が普及し、ゼリーなど生菓子の消費が多いという。

藤崎の担当者は「仙台はほかの都市に比べて菓子の売れ行きがいい。城下町だったこともあってお茶菓子を楽しむ文化が昔から広がり、夏場はゼリーや水ようかんを訪問客に提供するのではないか」とみる。

「夏が猛暑にならない」説を主張する人もいる。購入費の上位は主に東日本の都市で、仮説を一定程度裏付けている。

洋菓子店「ガトーめぐろ東仙台店」(宮城野区)のオーナー目黒英治さん(60)は「夏が暑すぎるとシャーベットの方が売れる。仙台は西日本に比べて暑くならないのでゼリーが売れているのだろう」と分析する。

菓子製造販売「九重本舗玉澤」(太白区)の阿部一夫営業部長(45)は、仙台人のフルーツの消費の多さに着目する。「仙台は全国でも有数の果物消費地。モモの福島やサクランボの山形など近くに産地があり、ゼリーとしても食べる習慣が広まったのではないか」と推測している。

[家計調査]総務省が47都道府県庁所在地と神奈川県川崎市、福岡県北九州市の計49都市の計9000世帯を対象に、家計簿と同様に月々に買った品目と値段を調べる。国民生活の実態把握が目的で、調査は毎月行い、年1回ランキングを公表する。世帯は無作為抽出で仙台市は96世帯が対象。

下記リンクのヤフーニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000012-khk-l04

ーーーーーー4社のブログランキングに参加中です。ーーーーーー
毎日4ツクリックして応援よろしくお願いします。
★携帯・PC兼用です★クリックして順位を覗いてください。
FC2 Blog Ranking東北
人気blogランキング・ペット部門
くつろぐ全国地域ランキング
ブログ村 東北ランキング

別館「重箱石の花鳥風月」も御覧下さい。
スポンサーサイト