FC2ブログ

ユーザータグ : 冬の記事 (1/1)

近づく冬 平泉・盛岡

近づく 平泉・盛岡(朝日マイタウン岩手)
2007年11月20日

20071120144826.jpg
アカマツの古木にが積もり、県南でも一気に紅葉から景色になった=平泉町の毛越寺で

19日朝、県内は型の気圧配置が強まり、34観測地点すべてで零下に。9地点では最高気温が零度を下回る「真日」になり、本格的なの訪れを感じさせた。

盛岡地方気象台によると、朝の最低気温は、区界(川井村)で零下7.9度、藪川(盛岡市玉山区)で同7.7度、奥中山(一戸町)で同6.3度を記録した。

は湯田(西和賀町)で60センチ、祭畤(まつるべ)(一関市)で37センチ、一関(同)と北上(北上市)で14センチを観測した。



20071120145124.jpg
街路樹の落ち葉を掃き集めて袋に詰める職員ら=盛岡市内丸で

盛岡市内丸の官庁街で19日、ボランティアによる落ち葉掃きがあった。市役所前から裁判所前までの目抜き通り約350メートルには、64本のトチノキから舞い落ちた葉がいっぱい。地検や地裁、県庁職員ら約60人が勤務前に作業をし、ほうきで枯れ葉を掃き集め、袋に詰めていった。

作業は10月下旬から週2回ずつ行っている。道路を管理する盛岡地方振興局土木部が「地域に貢献したい」と04年から始め、翌05年からは周辺の官庁にも参加を呼びかけた。同区間の落ち葉掃きはもともと土木部が業者に委託していたが、作業に協力する職員が増え、今年はすべてボランティアでまかなっている。

県議会事務局の高杉大祐さん(24)は「きれいな紅葉を見せてくれた葉っぱの掃除なので、苦になりません」と手際よく落ち葉を掃いていた。


20071120145418.jpg
新春用のサクラの造花づくり作業=平泉町の毛越寺で

平泉町の毛越寺で19日、正月に常行堂などに飾るサクラの造花づくりが早くも始まった。

縁を赤く染めた和紙をサクラの花に見立ててぼんぼり状の飾りにする。これをサクラの枝につけて、仏像のそばに置く飾り物などにする。4~5日かけて今年は360個を作る予定だ。

12月に入ると、初もうで客に配る福銭づくりなども始まり、お寺も新年を迎える準備で忙しさを増す。


ーーーーーーーーーーーーブログランキング参加中です。ーーーーーーーーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします




スポンサーサイト



ラニーニャ現象「暑さ寒さも彼岸まで」ならぬ「暑さ寒さも分化の日」まで?四季が消える!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070909-00000909-san-soci
「おじーちゃん、って何?って何時?」
「昔なーの愛だに()と言う季節が有って、草木が芽生え桜が咲き、花見をして、男女は恋に落ち愛を語ったんだよ」

「そしてには、作物が実り収穫し感謝のため、芋煮会をしたんだよ」

「ふーん!食料はバイオ工場で作ってたんじゃないんだ」

「おじーちゃんが子供の頃は、田んぼや畑が有って、そこから食べ物ができたんじゃよ」

以上、何年か後の自分と孫の会話でした。


どこへ? ラニーニャで日本の四季が消えた
9月9日15時20分配信 産経新聞

■10月まで残暑、そして厳の予想

埼玉県熊谷市など全国2カ所で40.9度を観測、国内最高気温を74年ぶりに塗り替えるなど、異例の猛暑となった今。8日は台風9号が持ち込んだ暖かい空気の影響で、都心の最高気温が32.9度など各地で真日を記録し、強い日差しが戻った。そろそろの気配を期待したいが、気象庁によると、残暑はまだまだ続く見込み。らしいを感じないまま、厳に突入する可能性も。日本の四季が薄れゆくのは、どうやら今年の猛暑を引き起こした「ラニーニャ現象」と温暖化に原因があるようだ。(桜井紀雄)

気象庁の秋の3カ月予報によると、太平洋のペルー沖と正反対のインドネシア近海で対流活動を活発化させたラニーニャ現象はまで続く見通し。このため9月は、猛暑となった8月同様に太平洋高気圧の影響で残暑が尾を引くことになりそうだ。ただ、のようにカラッと晴れるわけではなく、「9月特有のぐずつく空模様で、蒸し暑いだけ」(気象庁)と、うんざりする天気が続く可能性もある。10月になっても高い気温は続き、初ともいえる11月に入ってようやく平年並みに落ち着く見込みだ。

猛暑をもたらしたラニーニャ現象は、には寒さを呼び込む。対流活動の活発化は日本上空に寒気を南下させる要因ともなり、厳冬になりやすいという。平成17~18年冬の記録的豪雪の一因ともなった。気象庁の高橋俊二予報官は「冷や暖冬につながるエルニーニョ現象が寒暖のメリハリをなくすのに対して、ラニーニャ現象はメリハリをつけるのが特徴」と説明。今年については、残暑が長引くと予想されるため、短い秋を満喫する間もなく、厳しい冬を迎える事態も起こりかねないという。

“長い”をもたらし、秋を縮めさせるのはラニーニャ現象ばかりではない。地球規模で進む温暖化と都市が熱をため込むヒートアイランド現象も要因に挙げられる。気象庁によると、温暖化のために、日本の平均気温はここ100年で1度以上上昇。東京に限れば、ヒートアイランド現象の影響が加わって約3度上がったという。「特に5月までので気温上昇が顕著で、相対的に夏を感じる期間が広がっている」(高橋予報官)

長い猛暑と厳しい冬。そしてわずかばかりのと秋。情景豊かな日本の四季は、今後ますます薄れていくことになりそうだ。

ーーーーーブログランキング参加中です。ご協力お願い申し上げますーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします