FC2ブログ

ユーザータグ : へき地の記事 (1/1)

この件は賛成したい。外国人医師の診療解禁、特区限定で…舛添厚労相が表明

岩手県のような田舎には、医大を卒業しても開業する医者は少ない。

産婦人科は特に、大きな市に行かなければならない。

同じく、外科、眼下医が極めて少ない。

親の七光りか裏口入学(古)でボンボンで育った卒業生より、御国の為、海外から日本の高等医学を学びに来ている、海外の本気の医者を、へき地医療に携わったら、医療器具や、むしろ金銭を払ってでも、奉公が明けたら特典を付けてでも、お帰りになる医療へき地国に支援する、方法だって、

日本流の海外支援ではないだろうか。

(後記)当ブログはコメントも楽しめます。

外国人医師の診療解禁、特区限定で…舛添厚労相が表明
11月26日14時38分配信 読売新聞

舛添厚生労働相は26日、都内で開かれた全国知事会との意見交換会で、日本の大学医学部で学んだ外国人医師について、「日本の医学部で勉強し、博士号を取った人ならば、当然(医療活動を)やるべきだ。特区などの経験を使いながら、開かれた国であっていい」と述べた。

地方を中心に深刻化する医師不足対策として、将来的に、構造改革特区などに限定する形で、日本国内での外国人医師の医療行為を認めるべきだとの考えを表明したものだ。

新潟県は、過疎地における外国人医師の医療行為を認める構造改革特区を国に申請している。同県の泉田裕彦知事は、舛添厚労相との意見交換会で、「新潟大医学部の博士号を持っている外国人で、日本で医療行為をしたい人はいる。過疎地に限定してもいいので、特区で認めてもらいたい」と述べた。舛添厚労相はこれに答える形で、医療制度を10年程度かけて見直す「長期ビジョン」に関連して、外国人医師の医療行為解禁に言及した。医師法は、外国の医師免許を持つ医師が日本国内で医療行為をする場合、日本の医師国家資格取得を義務づけている。しかし、日本語能力が十分ではない、などの理由で国家資格を取得できないケースが多いとされている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000105-yom-pol

ーーーーーーーーーーーーブログランキング参加中です。ーーーーーーーーーーーー
ーーー参考に成りましたら、1個でも3個でも5個でもポチッとお願いしますーーー
c_02.gif
2位内に押し上げて下さい。
20060922124908.gif
ペット20位以内目指せ。
a88x31a.gif
東北>?位。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へお願いします
人気ブログランキング【ブログの殿堂】お願いします

スポンサーサイト